tamerun-blog

好きなものをとことん追求

おすすめのミュージカル映画ベスト17選(洋画編)を紹介!|感動すること間違いなしです。

f:id:tamerun:20191203135256j:plain


 

こんにちは、映画大好きtamerun(ためるん)です。

 

 

この記事では、

 

✔本当に面白くて、感動できる「ミュージカル映画」ってどんなものがあるの??

 

✔それらの映画を無料で視聴したい!

 

 

こんな疑問や要望にお答えしていきます。

 

 

おすすめのミュージカル映画(洋画)を17作品を厳選して、ランキング形式にしました。

 

 

また、それらのミュージカル映画を無料で視聴する方法も合わせて紹介しております。

 

 

ぜひ最後までご覧ください!!

 

 

 

おすすめのミュージカル映画17作品ランキング(洋画編)!どれも感動すること間違いなしです。

 

f:id:tamerun:20191203135349j:plain

 

 

 

第17位:映画『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (公開年:2007年)

 

f:id:tamerun:20191203140103j:plain

出典:https://eiga.com/movie/34270/video/

登場人物のそれぞれの憎愛の糸を何層にも絡み合わせることでできた、太い縄を思わせる異様な作品

 

2007年/117分/アメリカ

監督:ティム・バートン

キャスト:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム・カーター

 

評価:3.37点/5点

 

 

 

登場人物それぞれの目的が少しずつずれていてそこから生じる想像ができないストーリー展開に目が離せませんでした。

 


特に後半のジョアンナ救出からの怒涛の展開には瞬きすることを忘れるくらい見入ってしまいました。

 


主演のスウィーニー・トッド役の「ジョニー・デップ」はさることながらラヴェット夫人役の「ヘレナ・ボナム=カーター」両人の演技力が当時のロンドンが醸し出していたであろう不気味で異様な空間を守り立てています。

 

 

ミュージカル映画としては衝撃的なダーク作品として一度は観てみて欲しい作品です。 

 

 

 

 

 

 

第16位:映画『チャーリーとチョコレート工場』 (公開年:2005年)

 

f:id:tamerun:20191203140909j:plain

出典:https://eiga.com/movie/1032/

ティム・バートンとジョニーデップがお送りするファンタジーいっぱいのチョコレート工場!小人の歌は耳から離れません。

 

2005年/115分/アメリカ

監督:ティム・バートン

キャスト:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア

 

評価:3.57点/5点

 

 

 

とにかくチョコレートが食べたくなる映画です。この映画を見てウォンカーチョコを探してた頃を思い出します。

 

 

お話自体も面白く、ファンタジーの世界に引き込まれます。

 

 

また、子どもなら1度は夢見てしまうチョコの大当たり、そんな夢を叶える素晴らしい映画です。

 

 

小人たちの歌は1度聞いたら耳から離れない程です。

 

 

チョコレート工場の映像はとても楽しい気持ちにさせてくれるので家族で楽しみながら見るのがいい映画だと思います。

 

 

 

 

 

 

第15位:映画『アナと雪の女王』 (公開年:2014年)

 

f:id:tamerun:20191203141332j:plain

出典:https://eiga.com/movie/77786/

 

人々への優しさや家族への愛について考えさせられる映画。

 

2014年/102分/アメリカ

監督:クリス・バック、ジェニファー・リー

キャスト:クリステン・ベル、イディナ・メンデル

 

評価:3.60点/5点

 

 


『アナと雪の女王』予告編

 

 

 

両親を亡くしてしまい最初地域のみんなと分かり合うことができなくても、姉妹が助けてくれてわかちあえる映画です。

 

 

姉妹愛があれば冷たい気持ちも温かい気持ちにすることができ、皆に対する気持ちの大切さに気付くことができます。

 

 

また、セリフを歌にして演技することによって感動などが入りやすくなっているため楽しく映画を見る事ができます。

 

 

子供から大人まで楽しめる映画なのでおすすめです。怖いシーンもちょっとありますが、幸せな気持ちになれる映画です。 

 

 

 

 

 

 

第14位:映画『マンマ・ミーア』 (公開年:2008年)

 

f:id:tamerun:20191203141936j:plain

出典:https://eiga.com/movie/53484/
ABBAの名曲がたくさん詰まったミュージカルです。ハッピーな気分になりたい時にみるのがオススメです。

 

2008年/108分/アメリカ

監督:フィリダ・ロイド

キャスト:メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン

 

評価:3.72点/5点

 

 

 

これを見てからミュージカルにハマりました。

 


見どころは初めてミュージカルに出演する女優、メリル・ストリープです。

元々大好きな女優さんでしたがもっと大好きになりました。

 


映画自体はABBAの名曲を沢山使用したノリのいい明るいミュージカルです。

 

 


ギリシャのリゾートが舞台で映画に出てくる景色も建物も非常に綺麗で、かわいくて、最後はみんなハッピーエンド。

 

 

見てるだけで楽しい気持ちになれます。

 

 

 

 

 

 

第13位:映画『マイ・フェア・レディ』 (公開年:1964年)

 

f:id:tamerun:20191203142309j:plain

出典:https://eiga.com/movie/49567/

字幕版での視聴が絶対オススメ。

オードリーヘップバーンの美しさと強さに酔いしれる、言わずもがなの往年の名作!

 

1964年/173分/アメリカ

監督:ジョージ・キューカー

キャスト:オードリー・ヘプバーン、レックス・ハリソン

 

評価:3.93点/5点

 

 

 

下町で生まれ育ったしがない花売のイライザが、淑女としての振る舞いを学び、立派なレディとなるまでに焦点を当てた往年の名作。

 


見どころはやはりオードリーヘップバーン演じるイライザの作品を通しての変化です。

 


作中歌だけでも下町女からレディへの変貌を楽しむことはできますが、オードリーヘップバーンの話し方やアクセントの変化は、英語がわからずとも違いのわかるものです。

 


字幕版を視聴することで、下町英語の持つ親しみや力強さと、紳士淑女の使う英語の優美さを耳で体験することでできる映画です。

 

 

 

第12位:映画『オペラ座の怪人』 (公開年:2004年)

 

f:id:tamerun:20191203142628j:plain

出典:https://eiga.com/movie/1140/

オペラ座館の綺麗な背景や建物の素晴らしさ、そしてファントムとクリスティンの美声が印象に残るミュージカル映画の中の代表の作!

 

2004年/143分/アメリカ

監督:ジョエル・シュマッカー

キャスト:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム

 

評価:3.94点/5点

 

 


映画「オペラ座の怪人」日本版劇場予告

 

 

 

見所はなんといってもファントムとクリスティンの美声です。

とても輝かしい歌声に鳥肌がたちます。

 

 

また、オペラ座館の建物の綺麗さ、また当時の撮影技術でもここまで美しく撮ることができている映像はしっかり見て欲しいです。

 

 

見たことがない人でも歌を聞くだけで「この歌聞いたことある」と思えると思います。

 

 

本当に素晴らしい作品です。

 

 

 

 

 

 

第11位:映画『屋根の上のバイオリン弾き』 (公開年:1971年)

 

f:id:tamerun:20191203143058j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/屋根の上のバイオリン弾き-Blu-ray-トポル/dp/B004S98D8K

無骨ながらも古風なユダヤ人の父親が、家族への愛情・人種にかかわる苦悩を時にコミカルに、時に哀しく、歌でつづる。何度でも見直したい永久の名作です。

 

1971年/182分/アメリカ

監督:ノーマン・ジュイソン

キャスト:トポル、ノーマ・クレイン

 

評価:3.95点/5点

 

 

 

結婚式でも定番曲となる「サンライズサンセット」はこの作品の本当に大切な見所です。

 


父親の最初の変化のきっかけとなる長女の結婚式に皆で歌います。

 

 

厳かで祝う気持ちと、娘を思う父母、そして姉を思う妹の表情、恋敗れた肉屋の表情など様々な表情に囲まれて、ストーリーの前半部分を綺麗にまとめる曲となっています。

 

 

そして後半部分のユダヤ人ならではの苦悩と苦しみの重いテーマへの変容の始まりとなっています。

 

 

このシーンは参列者の表情まで見逃すことのないようにしたいシーンです。

 

 

 

 

 

 

第10位:映画『SING/シング』 (公開年:1997年)

 

f:id:tamerun:20191203143553j:plain

出典:https://eiga.com/movie/84394/

1度や2度の失敗を怖れるな。夢は夢で終わらない。必ず掴みとれるもの。

みんなでまた始めよう、始めたらまた一緒に歌を歌おう!

 

2016年/108分/アメリカ

監督:ガース・ジェニングス

キャスト:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン

 

 

評価:3.95点/5点

 

 

 


映画『SING/シング』予告編

 

 

 

3Dコンピューターアニメーションで絵柄が親しみやすくて可愛い。

主人公がコアラというのがアメリカンな感じがします。

 

 

吹替版の各声優さんの歌唱力が本当に素晴らしくて、ストーリーとあわせて音楽をずっと聞いていたくなります。

 

 

みんなで一緒に作り上げてきたものが一度、完全なゼロ状態になってしまいます。

 

 

しかし、「またみんなで始めよう、ちゃんとしたステージではないけど、また始めよう」という、みんなの絆にも心打たれます。

 

 

 

 

 

 

第9位:映画『ハイスクール・ミュージカル』 (公開年:2006年)

 

f:id:tamerun:20191203144104j:plain

出典:https://eiga.com/movie/56782/

THE青春時代。やりたいことはやれば良いんだ。周りに遠慮するなんてもったいない。新しい自分に出会えるかも。

 

2006年/98分/アメリカ

監督:ケニー・オルテガ

キャスト:ザック・エフロン、バネッサ・アン・ハジェンズ

 

評価:4.07点/5点

 

 

アメリカンスクールに憧れてる人には絶対におすすめです。

 

 

思春期だからこそ、周りが自分をどう見てるかが気になります。

自分を演じてしまう、でも本当は歌うことが好き。そんな自分を周りが気になり、さらけ出さない主人公を見ていて、どこか共感する部分があります。

 

 

それぞれの歌もすごく良い。

学生が思ってるような悩みなど、歌詞も心に響いてきます。

 

 

一番の見所は全員で歌って踊るシーン。

 

 

ぜひ今、青春時代を過ごす学生さんに見てもらいたい作品です。

前向きなメッセージが伝わってきます。 

 

 

 

 

 

 

第8位:映画『ラ・ラ・ランド』 (公開年:2016年)

 

f:id:tamerun:20191203144455j:plain

出典:https://eiga.com/movie/82024/

あの「セッション」のデイミアンチャゼル監督が送るミュージカル超大作。

舞台となるロサンゼルスが本当に美しい!

 

2016年/128分/アメリカ

監督:デイミアン・チャゼル

キャスト:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン

 

 

評価:4.09点/5点

 

 


「ラ・ラ・ランド」本予告

 

 

 

デイミアンチャゼル監督ということだけあって期待値は上がってましたが、見事にその期待を上回る出来でした。

 

 

見どころとしてはまず冒頭のミュージカルシーン。かなりの人の量で大規模なシーンなのになんと長回し。一度もカットを割ることなく見事なカメラワークであちこち動き回ります。

しかも実際に高速道路を封鎖して撮影するとは本当に驚きを隠せません。

 

 

そして「エマ・ストーン」と「ライアン・ゴズリング」という演技派の二人を起用しています。

この2人が歌って踊るのを見ているだけでこっちまで心が踊ってきます。

 

 

この2人はかつて「ラブ・アゲイン」という映画でも共演していてお互いの事を知っているので、楽しそうに芝居をしているのが見て取れます。

 

 

2人の歌唱力、ダンス力の高さ。そして美しいロサンゼルスのロケーションが相まって非常に上品なミュージカル映画に仕上がってます。

 

 

 

 

 

 

第7位:映画『魔法にかけられて』 (公開年:2007年)

 

f:id:tamerun:20191203145104j:plain

出典:https://eiga.com/movie/53101/

おとぎの国と現実が入りまじった世界。

ディズニーならではの発想と映像、音楽、王道のラブストーリーで、幸せな気持ちになれめす。

 

2007年/108分/アメリカ

監督:ケビン・リマ

キャスト:エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー

 

 

評価:4.13点/5点

 

 

 

ディズニーの魔法にかけられては、プリンセスのジゼルが真実の愛を求めて王子様と結婚しようとするが、その母親子が魔女で反対され、実際の現実世界に送られるというストーリー。

 

 

物語としては王道の展開ではありますが、随所にある歌が強いメッセージ性があり引き込まれます。

 

 

特に、舞踏会でジゼルとロバートが踊るシーン、二人が惹かれあっているという事を認識し合う印象的なシーンに使われている音楽は、自然と心に染み込んできます。

 

 

王道のラブストーリーを見たい方は是非見てみてほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

第6位:映画『美女と野獣(実写版)』 (公開年:2017年)

 

f:id:tamerun:20191203145426j:plain

出典:https://eiga.com/movie/83472/

オリジナルのアニメそのままの世界が実写になった映画。

映像、歌、ストーリー、全てがディズニーファンを魅了する。

 

2017年/130分/アメリカ

監督:ビル・コンドン

キャスト:エマ・ワトソン、ダン・スティーブンス

 

 

評価:4.15点/5点

 

 


エマ・ワトソン 映画 『美女と野獣』 予告編

 

 

 

ディズニーのプリンセス作品の中でも人気のある作品の、実写版です。

 

 

明るくて可愛いシーン、暗くて不安になるようなシーンのどちらもドキドキしながら見る事が出来ます。

 

 

野獣との関係よりも、ベルと父親の絆がたしかなものでとても胸を打たれました。

 

 

食器や家具に変えられてしまったキャラクターも可愛かったです。

 

 

最後は涙が止まりませんでした。

 

 

 

 

 

 

第5位:映画『レ・ミゼラブル』 (公開年:1978年)

 

f:id:tamerun:20191203145911j:plain

出典:https://eiga.com/movie/77186/

ミュージカル映画の王道、圧巻の歌唱シーンと切ない物語に感動しっぱなし。豪華なキャスト陣にも注目!

 

2012年/158分/イギリス

監督:トム・フーパー

キャスト:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ

 

 

評価:4.15点/5点

 

 


映画『レ・ミゼラブル』日本版予告編

 

 

  

本場のミュージカルでも大人気の作品、『レ・ミゼラブル』はパンを一つ盗んだ罪で収監されていた男の人生の物語です。

 

 

仮釈放から抜け出した彼は心優しい神父様との出会いから心を入れ替え新しい人生を望みます。

 

 

この映画のすごいところはヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ、エディー・レッドメインなど豪華キャストで構成されているところです。

彼らの歌唱力には圧倒されること間違いなしです。

 

 

また、フランス革命などの時代背景もこの映画の見所です。

 

 

全体的に暗めのストーリーではあるのですが、見た後心がスッとします。

 

 

 

 

 

 

第4位:映画『ヘアスプレー』 (公開年:2007年)

 

f:id:tamerun:20191203150345j:plain

出典:https://eiga.com/movie/34097/

一点の曇りもなく明るい気持ちになれる。

コンプレックスさえも吹き飛ばす爽快感のある気持ち良いミュージカル映画!

 

2007年/117分/アメリカ

監督:アダム・シャンクマン

キャスト:ジョン・トラボルタ、クリストファー・ウォーケン

 

 

評価:4.17点/5点

 

 

主人公はぽっちゃりした明るい女の子。

 

 

一般的には太ってるキャラクターは自分に強いコンプレックスがあったり、周りからの目を気にするようなパターンが多いですが、この主人公はどこまでいっても明るい。

 


常にキラキラしてるので見てるうちに誰よりも美人で可愛く思えてくるから、それもまた不思議。

 

 


『ハイスクールミュージカル』や『グレイテストショーマン』でも人気のある「ザックエフロン」が出演しているのもこの作品の魅力の1つ。

 

 

主人公とザックが一緒に歌うナンバーは爽快感あり、可愛らしさありでとても楽しめます。

 

 

 

 

 

 

第3位:映画『グレイテスト・ショーマン』 (公開年:2017年)

 

f:id:tamerun:20191203151002j:plain

出典:https://eiga.com/movie/86306/

これぞまさに偉大なるショータイム。

実在の興行師の半生を描いた、ミュージカル初心者にも安心しておすすめのミュージカル映画!

 

2017年/105分/アメリカ

監督:マイケル・グレイシー

キャスト:ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン

 

 

評価:4.28点/5点

 

 


ヒュー・ジャックマン主演ミュージカル!映画『グレイテスト・ショーマン』予告編

  

 

 

ミュージカルとはこういうものだと言えるような、素晴らしいメロディとショーマン、それを囲む群舞。

 


地上でもっとも偉大なショーマンと言われた興行師だというのが、文句なく納得できるショーが体感できます。

 


貧富や階級の差などへの批判的なメッセージを含むのに、パワフルでエネルギッシュ。
気が付くと馴染みのなかった洋楽を口ずさんでいます。

 


とにかく歌と踊りが素晴らしいので、ミュージカル初心者の方にはおすすめしたい作品です。 

 

 

 

 

 

 

第2位:映画『アラジン(実写版)』 (公開年:2019年)

 

f:id:tamerun:20191203151349j:plain

出典:https://eiga.com/movie/90391/

ジーニーはただの青いウィル・スミス!?

ディズニーアニメの実写映画の中で最高傑作!日本語吹き替えも絶賛するしかないクオリティ!

 

2019年/128分/アメリカ

監督:ガイ・リッチー

キャスト:ウィル・スミス、メナ・マスード

 

 

評価:4.31点/5点

 

 


映画「アラジン」特別予告編

 

 

 

ディズニーアニメでも人気の『アラジン』の実写版。

 

 

まず驚くのは架空の都市アグラバーの再現度です。実際にこういう都市がどこかにあるのかもと思わせる程隅々まで作り込まれています。

 

 

そして豪華絢爛な衣装や美術は実写だからこその見応えがあります。CGによる猿や魔法の絨毯、ジーニーの動きの違和感のなさも最新技術の進化が伺えます。

 


アラジン役の「メナ・マスード」の街中を縦横無尽に駆け回るアクションやキレッキレダンスも素晴らしいです。

 

 

ジャスミン役の「ナオミ・スコット」の美しさもさることながら、その歌唱力も感動を覚える程でした。

 

 

ジーニー役は誰もが知る「ウィル・スミス」。彼以上にジーニーを演れる人はいないのでは思う程のはまり様。

 


名曲ホールニューワールドの場面も素敵なのですが、ジーニーのフレンドライクミーや収穫祭のダンス、結婚式の場面の華やかなダンスや歌のシーンが個人的にはとても楽しく見応えがありました。

 

 

 

 

 

 

第1位:映画『サウンド・オブ・ミュージック』 (公開年:1965年)

 

f:id:tamerun:20191203151808j:plain

出典:https://eiga.com/movie/44737/

世界中の人に幸せの笑顔をプレゼントできるミュージカルの傑作!

誰もが一度は聞いたことのある名曲の数々とともに今なお色あせない普及の名作。

 

1965年/174分/アメリカ

監督:ロバート・ワイズ

キャスト:ジュリー・アンドリュース、クリストファー・プラマー

 

 

評価:4.51点/5点

 

 

ドレミの歌、エーデルワイスなど老若男女を問わず一度は聞いたことのあるメロディーがたくさん流れてきます。

子供達の愛らしさ、歌声の素直な響きは観ている人全てを虜にするはず。

 

 

正直で誠実なトラップ少佐(かっこいい!)と、修道院から来たマリア(飾らない美しさ!)の恋の行方には、ナチス侵攻前夜のオーストリアといった歴史的背景も加わり、ドキドキハラハラの連続。

 

 

美しい景色や音楽をバッグに見事なストーリー展開に引き込まれていきます。

 

 

お茶目な修道女たちには思わずほっこり。何度見ても色あせない普及の名作です。

 

 

 

 

 

 

洋画を存分に楽しむなら「U-NEXT」がおすすめ!

 

f:id:tamerun:20191011185912p:plain

 

洋画を存分に楽しむなら、「U-NEXT」がおすすめです!

 

 

新作洋画から名作洋画まで、数多くの洋画を見放題で楽しむことができますよ。

 

 

 

 

 

 U−NEXTのメリット 

✔見放題作品(約130,000本)が31日間無料で視聴可能

 

✔600円分相当が視聴できる動画ポイントつき!

 

✔70誌以上の雑誌が読み放題

 

 

U-NEXT」への新規登録で、無料でフル視聴することができます。登録は簡単です。

 

 

U-NEXTでは、約130,000本の見放題作品を31日間無料で見ることができます。

 

 

加えて、70誌以上の雑誌も読み放題になります。雑誌好きな方にはたまらないですよね。

 

 

 

 

 
 
>>「U-NEXT」の登録方法は以下の記事で解説しています。
合わせて、ご確認くださいませ。

 

 

 

>>関連記事(こちらも要チェック!)

 

1本目

 

www.tamerun-blog.work

 

 

アクション映画のおすすめ24作品をランキング形式で紹介しています。

 

 

「面白くて楽しめるアクション映画ってどんなものがあるの?」と疑問を持った方は記事を要チェックです!!

 

 

 

2本目

 

www.tamerun-blog.work

 

 

コメディ映画のおすすめ25作品をランキング形式で紹介しています。

 

 

「面白くて笑えるコメディ映画ってどんなものがあるの?」と疑問を持った方は是非、記事をご覧ください🎵

 

 

 

3本目

 

www.tamerun-blog.work

 

 

アメリカ映画のおすすめ20作品をランキング形式で紹介しています。

 

 

「面白いアメリカ映画ってどんなものがあるの?」と疑問を持った方は記事を見てみてくださいね(^^)

 

 

 

 

 

 

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
 
※本ページの情報は2019年12月3日時点の情報となります。
最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。
 
※本ページの評価はYahoo!映画(https://movies.yahoo.co.jp)を基に作成しております。